【択捉型海防艦】南方輸送船団護衛に活躍した「中途半端」な海防艦 : トイレで読む向けブログ
(画像は wikipediaより転載)  要約   択捉型海防艦は太平洋戦争開戦前に計画、開戦後に建造された海防艦で基本設計は占守型海防艦と同じであり、違いは船首と舵の形状、爆雷搭載数が増えたこと等である。短期間の工期で建造するための設計の簡略化は不十分であったが
jumbomushipan4710.blog.jp