東証の取引時間30分延長へ 午後3時半まで、24年秋から
東京証券取引所が午後3時までとしている現物株の取引時間を30分延ばす報告書をまとめたことが分かった。金融庁や業界団体と実務面の課題を詰め、早ければ2024年秋に延長する意向だ。終了時間の延長が実現すれば70年ぶりとなる。東証は15日、証券会社や機関投資家が集まる「市場機能強化に向けた検討ワーキンググループ」を開催し、報告書を示した。取引時間を30分延ばすことに参加者から異論が出なかったという。
www.nikkei.com