「雲を見て地震の影響を判断するのは不可能」 気象庁研究官が「地震雲」について『Twitter』で注意喚起 - Ameba News [アメーバニュース]
2019年5月10日に日向灘を震源とするM6.3の地震が発生し、宮崎県で震度5弱を観測しましたが、『雲を愛する技術』(光文社新書)などの著書がある気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎氏(@arakencloud)が「雲は地震の前兆にはなりません」として『Twitter』で注意喚起しています。 大きな地震が起こる度に「地震雲」が不安という声を聞きますが,雲は地震の前兆にはなりません.巷で「地震雲...
news.ameba.jp