国鉄C56形蒸気機関車 - Wikipedia
1872年 ( 明治 5年)以来続いた鉄道の建設も、主要 幹線 の整備の目処が立つと、 政治的圧力 を背景に輸送需要の大きくない閑散 支線 区の建設促進へと移行していった。 当時こうした線区での蒸気機関車は、幹線の需要増大と速度向上に対応できずに幹線から撤退した旧型機、雑多な旧式輸入機が充てられていた。しかし、幹線と 支線 との需要落差が広がると、幹線用機関車は旧型機であっても大き過ぎて支線へ転用不可能となることと、輸入車両の老朽化・ 部品 確保困難に起因する 整備 費用増大が見込まれた。 そこで 昭和 初期に至って、閑散支線に最適化された、小型軽量で保守の容易な機関車が計画されることとなった...
ja.wikipedia.org