夫と付き合うまで〜なれそめ編(8)〜 : インド熊家族 Powered by ライブドアブログ
▼前回記事↓つづきです↓※1枚目は前回の最期のコマ夫のことは、どちらかというと異性として気になる存在というより、外国人なのに(偏見の塊)気が合いそうだなあ、友達になってみたいなあ思っていました。←負け惜しみでも向こうから連絡がないということは、1人だけそ
kumanoshakeko.com