立禅 - Wikipedia
王向斉 から伝授された 意拳 の站樁(タントウ)を 澤井健一 がアレンジして日本に伝えたものである。 人間の内的な力を強力にし、瞬間的な爆発力(気の力)を養成することを目的とする。 すなわち、火事場の馬鹿力と呼ばれる潜在能力を、意識的に出せることを最終目標として修練する。 また立禅の修行によって以下のような効果が得られるという。
ja.wikipedia.org