【2-2】Rのmutate関数を使って列の追加や修正を行う : 独学で始める統計×データサイエンス
前回の記事から第2章が始まりました。第1章:Rの基本的な使い方について知る第2章:データの扱いに慣れる【2-1】Rのfor関数、apply関数を使ってまとめて標準偏差などの統計量を求める方法今回は「合計」など新たな列を追加したり、すでにある列を修正するmutate関数について
www.restorative-pt.tokyo