“原口基金”設立!1安打、1打点で1万円 打ちまくって病気と闘う人に笑顔届ける/デイリースポーツ online
 今季、大腸がんから復帰した阪神・原口文仁捕手(27)が7日、来季の成績に応じた寄付金を医療施設などに贈ることを明かした。1安打、もしくは1打点につき1万円。同じ病気で苦しむ人や闘病生活を送る人の助けになりたい思いで“原口基金”を設立する。 病気と闘う人に届けるのは、グラウンドでの勇姿だけじゃない。オフシーズンに入り、小児がん患者への激励や寄付など慈善活動に取り組んでいる原口。来季は、自らの成績に応じた寄付金を贈ることを明かした。
www.daily.co.jp