現代の6倍もコメを食べていたのに…明治時代に糖尿病が少なかったワケ - Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]
 糖尿病患者とその予備軍であふれかえっている現代日本人は、「相対的な運動不足」かつ「絶対的な糖質過剰」です。 そういうと、「コメを食べないとエネルギー不足になる!」「日本人は昔からコメを食べてきたんだ」と主張する人が出てきます。 実際に、江戸~明治時代の日本人は、貧富の差や地域によって差はありますが、平均的にはおおむね1日3~6合ほどコメを食べていたようです。【関連記事:田代まさし「糖尿病とも闘っ
smart-flash.jp