長期金利、一時0.25% 日銀の「上限」に達する
28日午後の国内債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りが上昇(価格は下落)し、一時0.250%と日銀が長期金利の変動許容幅とする「プラスマイナス0.25%程度」の上限に達した。米国を中心に世界的な金利上昇の勢いが強いなか、日本の国債利回りにも上昇圧力がかかっている。日銀は同日朝、
www.nikkei.com