古民家改造しチョウザメレストラン 筑波山麓・真壁の養殖業者が店開き
【大山茂】真壁のひなまつり開幕に合わせ、桜川市に4日、古代魚のチョウザメを食材にした古民家レストランがオープンする。異色の組み合わせだが、総務省の地域振興策「ローカル10000プロジェクト」採択を受け、市内でチョウザメの養殖を手掛ける「つくばチョウザメ産業」(つくば市、白田正男社長)が準備を進めてきた。 店の名は「レストキャビン古民家スタージョン」。スタージョンは英語でチョウザメのこと。場所は造り
newstsukuba.jp