二・二六事件 - Wikipedia
二・二六事件(ににろくじけん、にいにいろくじけん)は、 1936年 ( 昭和 11年) 2月26日 から 2月29日 にかけて、 皇道派 の影響を受けた 陸軍 青年 将校 らが1,483名の 下士官 兵 を率いて起こした 日本 の クーデター 未遂 事件である。 この事件の結果 岡田内閣 が総辞職し、後継の 廣田内閣 が 思想犯保護観察法 を成立させた。 目次
ja.wikipedia.org