【理工教授 大河内博】早稲田の研究、覗いてみよう。|早稲田祭2020|note
「マイクロプラスチック・富士山」の研究について、早稲田大学 理工学術院教授 大河内博先生に伺いました! 詳しい解説まで教えていただいたので、興味のある方は必見です! 1.大河内教授について ――大河内教授は、どのような研究をされているのですか? 大気中に浮遊しているマイクロプラスチック(5 mm以下の微細なプラスチック)について研究しています。どのような大きさ、どのような種類、どれくらいの濃度で大気中にマイクロプラスチックが存在するのか、また、雨として地上にどれくらい降り注いでいるのかを都市、森林、海岸、上空、熱帯など様々な大気環境について調べています。私たちは、大気中マイク
note.com