ストームキャット - Wikipedia
経歴[ 編集 ] 1985年 にデビューし、ヤングアメリカステークス(当時米G1、現在は廃止)を制し、 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル でも2着に入った。しかし翌年はクラシックに出走せず、秋に2戦したのみで翌1987年に引退。オーナーが所有するオーバールックファームで種牡馬入りし、1988年から供用された。初年度の種付け料は3万ドルだったが、初年度から活躍馬が続出し、1999年と2000年には北米リーディングサイアーに上り詰めた。また、2歳リーディングサイアーは7回獲得し、これは北米レコードである。 2002年 から 2007年 の 種付け 料は50万ドル(当時のレートで約6000万円)に...
ja.wikipedia.org