グアテマラ人体実験 - Wikipedia
グアテマラ人体実験 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 グアテマラ人体実験(グアテマラじんたいじっけん、英: Guatemala syphilis experiment)は、1940年代後半に中米のグアテマラで実施された、性病(梅毒スピロヘータ・淋菌など)の人体実験。 アメリカ合衆国政府がグアテマラ政府の協力のもと、抗生物質ペニシリン(1942年に実用化)の薬効確認を目的として[1]、意図的な菌の集団接種を行った。 目次 1 実験記録の発見 2 実験の概要 3 実験対象者 4 出典 5 外部リンク 実験記録の発見[編集] 後に、米国...
ja.wikipedia.org