固め打ち - Wikipedia
競馬においては短期間に多くの勝利を収める事。 パチンコにおいては、当たり時の出玉を増やすテクニックの一種。 通常、パチンコは、大当たり時は右側で打ち、アタッカーが開いたときに玉を入れるが、その入れられる玉の数が決められている。しかし、最後の玉が同時に2、3個入賞すれば、その分、出玉が多くなるという抜け穴がある。左から玉が発射され、ハンドルを右に捻れば捻るほど玉の勢いが強くなってるため、最後の玉を弱め打ち、強め打ち、とすれば、同時入賞して玉が増えるが、これを捻り打ちと呼んでいる。 しかし、機種によっては、左右対称の機種もあり、そのような機種では、右側の釘がいじられて、同時入賞がしづらい場合もある...
ja.m.wikipedia.org