NTT、ドコモのTOB成立 上場廃止へ
NTTは17日、通信子会社NTTドコモを完全子会社化するためのTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。16日までに8億1501万株の応募があり、保有比率はドコモの自己株式などを除き91.46%に高まる。買い付け総額は約4兆2500億円にのぼる。グループの力を再結集し、通信事業の競争力強化を狙う。NTTは9月29日に完全子会社化を発表した時点でドコモ株の66.21%保有しており、9月3
www.nikkei.com