カナダ中銀、利上げ縮小0.5% 「引き締め終盤に近づく」(写真=ロイター)
【ニューヨーク=大島有美子】カナダ銀行(中央銀行)は26日、政策金利である翌日物金利の誘導目標を0.50%引き上げ、3.75%にしたと発表した。7月に1%、9月には0.75%の利上げを実施し、利上げペースを減速させた。同日記者会見したマックレム総裁は「(引き締めを)しすぎれば、必要以上に景気を減速させかねない」と述べ、景気への影響を注視する構えをみせた。利上げは6会合連続。カナダの大手銀の多く
www.nikkei.com