社交不安障害 - Wikipedia
うつ病エピソード以降の社交不安はうつ病の治療に準じ、社交不安障害が先行している場合に社交不安障害の治療がなされる [10] 。 社交不安障害のための 認知行動療法 であるクラークとウェルズ式か、暴露を含むヘインバーグ式によって、約4ヶ月間の15回ほどのセッションである [11] 。もし、これを断り薬物療法を好む場合には、認知行動療法を断る懸念について話し合われる [12] 。社交不安障害では、曝露を含んでいる認知行動療法が行われ、従来は慣れ(馴化)を目的としていたが今では異なる目的でなされるものもある [13] 。 薬物療法では 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI)である。 エスシタ...
ja.wikipedia.org