米、ICBM拠点の山陰洞を密着監視
北朝鮮の東倉里(トンチャンリ)発射場のエンジン実験後、米朝間の言葉による対立が激しくなる中、韓米情報当局が平壌(ピョンヤン)郊外にある山陰洞ミサイル研究団地に対する集中監視に入った。米国は、北朝鮮の…
www.donga.com