【胃がんのマンガ】ネット情報を信じ、ピロリ菌は除菌せず。5年後「胃がん」と診断された|Open Doctors[オープンドクターズ]
郊外で野菜の栽培農家を営む永井さん。5年前、胃痛のため近所のクリニックで胃カメラ検査を受けたところ、胃炎と診断されました。ピロリ菌に感染していることが分かったため、医師からは除菌を勧められましたが、ネット上には「除菌を行うと食道がんになる」という情報が……。胃痛などの症状が自然とよくなったこともあり、除菌はせず放置していました。そんなとき、永井さんの母親が胃がんで亡くなります。妻から「これを機に、あなたも胃がん検診を受けてみたら?」と勧められ、病院を受診することに。
opendoctors.jp