劇訳表示。 : 「彼はこんなにヘタじゃない・・・」東京・日の出町にバンクシーが来てた?
世界を騒がす覆面アーティスト・バンクシーのものと思しき作品が、東京・日の出町駅付近で発見された。Banskyお馴染みのタッチで描かれた傘をさしたネズミのグラフィティはA4サイズほどの大きさで、東京都が所有する防潮扉に存在したようだ。 『朝日新聞デジタル』の報道によると、現場職員の話しでは、同作品はかなり前からそこにあった可能性があるとのこと。また、東京都はこれを撤去して保管しているようだが、その理由について「本来、公共物への落書きは許されないが……、本物であれば大騒ぎになりかねないので外した」と説明し、現在は本当にバンクシーが描いたものなのか、調査を進めているという。 しかし、この都の対応につ...
www.gekiyaku.com