ヴァーチャルツアー | ルーヴル美術館 | パリ
バーチャルツアーを起動 アポロンのギャラリー 「アポロンのギャラリー」は「小ギャラリー」の2階部分全体を占めている。この細長い部屋は1661年に火災で消失し、ル・ヴォーによって再建された。天井装飾はル・ブランに託されたもので、「太陽の運行」を主題としている。ウジェーヌ・ドラクロワがヴォールト〔穹窿〕中央部分に《大蛇ピュトンを退治するアポロン》を制作した1851年まで、この天井装飾には絶えず手が加えられていた。この部屋はトータル社のメセナにより修復中である。 工芸品
www.louvre.fr