1つの作品で遊び倒せ!アートの見方が無限に広がる『ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展』 : アートの定理
『ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展』主観レビュー。「美術の見方」を根底からひっくり返す展覧会が始まりました。伊庭靖子《無題》2004暗い展示室で懐中電灯を使ってアートを鑑賞したり、白と黒の絵画を展示するセクションを設けたり。今までの展覧会とは全く異なり、
theory-of-art.blog.jp