世界最速の義足|遠藤謙|note
世界最速の義足  このトップの画像は2014年の時に作成した企画書の1ページ目だ。これまで順調だねとよく言われるが、そんなことはなく壁にぶつかりながらなんとか今まで生きながらえてきた。  2012年、博士課程を終えソニーCSLという研究所の研究員になってから始めようと考えていたプロジェクトの一つが世界最速の義足づくりだった。2012年はロンドンオリンピックに歴史上初めて義足のランナーが出場した年だ。私は義足ランナーはいずれオリンピックチャンピオンを追い越すのではと2008年の頃から予感していた。  2014年、スポーツ用義足や関連技術の開発、選手サポートをする会社Xiborgを創
note.com