阪神 ジョンソン残留好感触 合意「まだ」も「なるべく早く発表」/デイリースポーツ online
 阪神の谷本修球団本部長(55)は15日、ピアース・ジョンソン投手(28)との残留交渉について「悪くはない」と一定の手応えがあることを明かした。今後も慎重に交渉を重ね、近日中の合意を目指していく方針だ。 来季、虎の持ち味でもあるリリーフ陣の力を維持するためにも、欠かせないのがジョンソンの残留。複数年契約を視野に交渉していく考えを示していた同本部長は「まだ合意には至っていません」と現状を説明した。
www.daily.co.jp