口元が笑っている「スマイルマスク」を全員着用…お客さんからは賛否両論?
今やマスクは生活の必需品となっているが、マスクを着用すると顔の半分は隠れてしまうため、顔の表情がわかりにくい。コンビニやスーパーなどの店員もマスクをしているため、仕方ないとは言え無愛想に見えてしまうこともあるかもしれない。そんな中、上野にある総合ディスカウントストア「多慶屋」では、マスクに独自のアレンジをすることでそれを解消した。それがこちらだ。マスクを着用しているが、口元は笑っている。これは、口元部分が透明になっているわけではなく、口元が笑っている写真がついている”スマイルマスク”なのである…
www.fnn.jp