海外視察、目的の総領事に会えず公費250万円 閉まってること知らず訪問も 市長ら|政治|地域のニュース|京都新聞
京都府向日市の市長と市議会議長が昨年10月に米国の姉妹都市を訪問した経費が、10年前に行われた前回の5倍にあたる約250万円だったことが、22日までに分かった。現地交流会に一緒に参加する向日市民の訪問団とは別日程を組んでおり、「現地の総領事と面会するためだった」としているが、実際には総領事に会えず、当日閉まっていたことを知らずに訪れた視察先もあった。与党市議からも公費の慎重な使用を求める意見が出ている。 安田守市長と天野俊宏市議会議長は、米国・サラトガ市へ、記念式典に出席するために訪れた。市民…
www.kyoto-np.co.jp