リバタリアニズム - Wikipedia
概要[ 編集 ] リバタリアンは、「権力は腐敗する」、「絶対権力は絶対に腐敗する」( ジョン・アクトン )という信念を持っており [1] 、個人の完全な自治を標榜し、究極的には 無政府主義 同様、国家や政府の廃止を理想とする [6] 。また、個人的な自由、自律の倫理を重んじ、献身や軍務の強制は肉体・精神の搾取であり隷従と同義であると唱え、 徴兵制 に反対する。経済的には、レッセフェール(仏: laissez-faire)を唱え、国家が企業や個人の経済活動に干渉することに強く反対する。また、徴税は私的財産権の侵害とみなし、税によって 福祉 サービスが賄われる 福祉国家 は否定する。なお、 暴力 ...
ja.wikipedia.org