40キロのマンホールふたが10メートル飛んだ住宅街ガス漏れ騒ぎ 〝犯人〟は地中にいた 鹿児島市 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞
 鹿児島市花野光ケ丘2丁目の市道で19日夕方、マンホールのふたが吹き飛んだガス漏れ騒ぎで、民家のケヤキの根に圧迫されるなどしてプロパンガスの配管と下水管が壊れ、漏れたガスが土を通して下水管に入り込み、何らかの原因で爆発した可能性が高いことが20日、同市消防局などの調べで分かった。
373news.com