ホームステイ ボクと僕の100日間 - Wikipedia
あらすじ[ 編集 ] ある静かで真っ暗な夜、誰かを呼びかける声が聞こえる「あなたは受賞しました」その声が聞こえたのをきっかけに、明るい光が差し込み、左右に死体の安置されている霊安室で目を覚ました人がいる。その人は扉を開けて看護師に呼びかけ、それをきっかけに手術室に運ばれて蘇生措置を施された。体内に投入されていたホルマリンを解毒され、2日後、"彼"は完全に生き返って目を覚まし、自分が男の子の身体に入っていることに気がつく。 "彼"がわかるのは、自分が"ミン"(ティーラドン・スパパンピンヨー)という名で呼ばれていることだけであり、それは母親(Suquan Bulakul) が処置のあいだじゅう自分...
ja.wikipedia.org