京都府立植物園 - Wikipedia
現在の植物園の敷地は、明治時代までは 上賀茂神社 の境外末社である 半木神社 [1] とその鎮守の森(半木の森)を中心とした田園地帯であった [2] 。 大正天皇 の即位を祝い企画した「大礼記念京都大博覧会」の開催用地として、 1913年 (大正2年)に京都府によりこの地が購入された。しかし、議会等の反対、国による 博覧会 事業と会場アクセスのための電車敷設費の起債不可決定などのため、博覧会は開催されず、植物園が代案として計画されることとなり、 1915年 (大正4年)に「大典記念植物園」の設置が決定された。日本初の公立植物園であり、現在の京都府立植物園の前身である [3] 。 1917年 (...
ja.wikipedia.org