触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」 : カラパイア
bionerd23/YouTube 「チェルブイリの爪」とは、1986年にあの史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所から危険な放射性グラファイトを取り出すために使用されていた、作業車両のグラップル型アタッチメントのことだ。 メルトダウン後の事後処理作業では、爪
karapaia.com