ピアジェとフロイトの発達論について/滝川一廣「子どものための精神医学」を読む。その2 : すずろーぐ☆
滝川一廣「子どものための精神医学」を読む。その2というわけで、今回はひさしぶりにこの本を紹介していきます。第1部の理論編のうち第4〜6章、滝川の発達論について、ぼくなりに考えをまとめてみました。とりあえず、滝川はピアジェとフロイトの発達論をミックスしていますが、ピアジェはともかくフロイトはまずいでしょ、という話です。
suzuro.work