「頭がい骨かと…」 巨大な白キノコ、一夜で出現 「特産にしようか」 | 丹波新聞
兵庫県丹波篠山市井ノ上の黒豆畑にボール状の白いキノコが出現しているのを、農作業中だった男性(61)が見つけた。男性は、「頭がい骨が落ちているのかと思った」と目を丸くしている。 ホコリタケ科のキノコ「オニフスベ」とみられ、現在、直径約20センチに成長している。オニフスベは夏から秋にかけて発生し、毒はない。 男性がキノコを見つけたのは16日の夜。前日も農作業をしたが気づかなかったと言い、一夜にして巨大
tanba.jp