支持率下落、解散・人事模索も党内反発で窮地に
菅義偉首相が3日、任期満了に伴う自民党総裁選に出馬しないと表明した。新型コロナウイルスへの対応が後手に回り、内閣支持率が低下していた。首相は党役員人事や総裁選前の衆院解散などで政権の維持を目指したが、党内では支持よりも反発が広がり、窮地に追い込まれていた。首相は当初、東京パラリンピック閉幕後の9月前半に衆院を解散する戦略を描いていた。ワクチン普及とともに新型コロナの感染拡大を抑えて衆院選に勝ち
www.nikkei.com