大谷・大坂選手も「大使」役、仮想通貨破綻の実相
マネー収縮の時代を象徴するクレジット・イベントだ。ゼロ金利・量的緩和全盛の時代には、「過剰流動性相場」「なんでも上がる相場」と言われた。その典型が暗号資産(仮想通貨)であった。しかし、米連邦準備理事会(FRB)の量的引き締め(QT)によりマネー収縮の時代に移行するや、それまで「カネ余り」で覆い隠されていたリスクが次々にあらわになっている。バフェット氏は「マネーが引き潮になれば誰が裸で泳いでいたか
www.nikkei.com