“一部職員”ミスで“全職員”給与カットか…茨城・常陸太田市で異例事態「士気低下」
 一部の職員がしたミスを、全職員の給与をカットして穴埋めする。茨城県常陸太田市で、こんな異例の事態が起こるかもしれません。 ■市職員「士気が下がる」  発端は、下水道の工事でした。  2013年から計画され、今年4月に完成しましたが、稼働したその日にマンホールから水が噴き出す大トラブルになりました。  原因は、市の担当者が計算を誤ったことで、改修工事にはおよそ4億円が必要と見積もられています。  そこで市は、1年半にわたって、市長など特別職は5%、一般職員は1〜2%給与を減額し、改修費用のうち、およそ7500万円を補填する方針を決定。平均すると1人あたりの負担額は、およそ13万円です...
news.tv-asahi.co.jp