技術的特異点 - Wikipedia
レイ・カーツワイル[ 編集 ] レイ・カーツワイルは、アメリカ屈指の発明家であり、未来学者でもある。自身の発明を成功させるために、ムーアの法則からヒントを得て 収穫加速の法則 を考案した。 2005年に著作で特異点は近い The Singularity Is Near と宣言した。 2012年 以降の ディープラーニング の爆発的な普及を契機として、大きな注目を集めるようになった。技術的特異点と呼ばれる概念を提唱した人物であると思われがちだが、技術的特異点という概念自体は1980年代以前からヴァーナー・ヴィンジのSF作品に見ることができる。技術的特異点と呼ばれる分野では、過去の傾向や議論を分か...
ja.wikipedia.org