和束町 - Wikipedia
聖武天皇の 恭仁京 造営、 紫香楽宮 の造営によって、この地に 恭仁京東北道 が開設され交通の要衝地となった。 [1] 江戸時代、現和束町に含まれる諸村は和束郷と呼ばれており、和束郷の全村は皇室の領地である禁裏新御料であった。 [2]
ja.wikipedia.org