「円、135円まで下落」の声多く 市場関係者の見方
日銀の金融政策決定会合を受け、28日のドル円相場は大きく円安・ドル高に振れた。1ドル=130円の大台を超えた円安は、今後さらに進むのか。市場関係者3人に今後半年間の為替相場の見通しを聞いたところ、1ドル=135円まで円安が進むとの声が目立った。金融政策決定会合では、大規模緩和方針が改めて確認された。インフレ退治のために利上げを急ぐ米連邦準備理事会(FRB)との金融政策の格差は明白だ。大和証券の
www.nikkei.com