幽庵焼き - Wikipedia
幽庵焼き(幽安焼き、柚庵焼き、祐庵焼き、ゆうあんやき)は、 和食 の焼き物のひとつで、幽庵地( 醤油 ・ 酒 ・ 味醂 の調味液に ユズ や カボス の輪切りを入れたもの)を用いた魚の付け焼き [1] 。 江戸時代 の茶人で、食通でもあった 北村祐庵 (堅田幽庵)が創案したとされる [1] 。しかし江戸時代の料理本などの文献には幽庵焼きの記載はなく、また幽庵焼きで用いる味醂も非常に高価なものであった為、一般的に料理に用いられるようになるのは北村祐庵の死後、約百年後からである。よって幽庵焼きを北村祐庵が創案したとするのは疑念がある。 [2]
ja.m.wikipedia.org