【九四式拳銃】絶えず暴発の危険が付きまとう無骨な将校用拳銃 : トイレで読む向けブログ
(画像はwikipediaより転載)   九四式拳銃は1934年に日本陸軍によって正式採用された中型オートマチック拳銃である。1945年までに71,000丁が生産された。命中精度が高く、メンテナンス性に優れていた反面、安全性に問題があり、「自殺ピストル」とと呼ばれる。モデルガン
jumbomushipan4710.blog.jp