IMFによる韓国救済 - Wikipedia
2016年頃には民族資本の 現代・起亜自車車グループ が韓国自動車販売シェアのおおよそ70%、続いて アメリカ資本 の 韓国GM (←GM大宇←大宇)、 フランス資本 の ルノーサムスン (三星)、 インド資本 の 双竜 と大きく変化した。なお旧大宇自動車に関しては乗用車部門が韓国GMとなった一方でトラック部門が インド資本 の タタ大宇 、バス部門が ザイル大宇 へと分裂した。 また、IMFによる経済引き締めの結果、財閥より体力の無い多くの自動車中小部品メーカーのキャッシュフローが滞った結果、倒産に至った。
ja.wikipedia.org