酒に酔った警察官、タクシー運転手にけが負わす コロナ禍の歓迎会帰り、京都府警が処分|社会|地域のニュース|京都新聞
酒に酔ってタクシーの運転手にけがを負わせたなどとして、京都府警監察官室は2日までに、サイバー犯罪対策課の40代男性警部補を本部長注意の内部処分にした。処分は6月18日付。 府警によると、警部補は4月3日、京都市内の居酒屋で上司や同僚ら数人と約5時間半飲酒し、帰宅する際にタクシーに乗った。車内でよろめいて運転席後部の防護板をつかんで破損させ、下車する時に70代男性運転手の体に寄りかかって首に軽傷を負わせた。 府警の説明では、運転手側が被害届を出さず、治療費や慰謝料を支払って和解した。警部補は「大…
www.kyoto-np.co.jp