第2回阿波しらさぎ文学賞に決まった 佐川恭一さん|人|徳島新聞
昨年の受賞作を読んだ時、いろんな作風の小説が受け入れられるコンクールだと悟った。賞を取ってやるという強い気持ちまではなかったが「今年は絶対に応募すると決めていた。面白いと思ってもらえて良かった」。
www.topics.or.jp