乳糖不耐症 - Wikipedia
ガラクトース血症との違い[ 編集 ] 乳糖不耐症と同様に、乳糖の摂取も問題となる ガラクトース血症 というものが存在する。この両者は混同される場合もあるが、発症のメカニズムは全く別物である。乳糖不耐症は上記の通り腸管でのラクトース(乳糖)の分解がうまくいかないことが原因だが、ガラクトース血症は遺伝子の異常のためにガラクトースの代謝に関わる酵素 [* 3] がうまく作れないことや、小腸で吸収されたガラクトースが流れる 門脈 の異常が原因。つまり、乳糖不耐症は乳糖そのものが原因で起こるわけだが、ガラクトース血症は乳糖が分解されて出てくるガラクトースが原因で起こるわけである。したがって、乳糖不耐症だ...
ja.wikipedia.org