コの字道路が完成、国道通行再開 土砂崩れで寸断、福井の305号 | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE
7月の大雨による土砂崩れにより福井県福井市赤坂町―居倉町間(約1キロ)で通行止めが続いていた国道305号に仮設道路が完成し10月31日、約4カ月ぶりに通行が再開された。 ⇒「カニ季節に間に合った」一安心 仮設道路は、土砂が道路をふさいでいる居倉町の約80メートルの区間を迂回するため、鉄の支柱を立ててコの字形に海側へせり出し、国道をつないでいる。延長208メートル、幅6メートル。両端に信号が設置され交互通行だが、大型観光バスの通行も可能。
www.fukuishimbun.co.jp