劇訳表示。 : 【なでしこ隊】特攻隊に別れを告げた少女達の記憶【海外反応】
1945(昭和20)年3月27日から4月18日までの23日間、特攻隊員が出撃までの数日間を過ごす三角兵舎や基地周辺で、食事、洗濯、軍服の裁縫など 身の回りの手伝いをしたのが知覧高等女学校3年生の「なでしこ隊」だ。早朝からさまざまな仕事をこなし、出撃の知らせがあると指揮所や滑走路の周りで見送 りに並ぶ。4月12日の第2次総攻撃には、ある女学生が知覧町内から八重桜を準備し、整列して次々と出撃する特攻機を桜を振って見送った。目の前で起こっ ている事実が認識できる15歳の乙女たちには、その光景は極めて酷なものだった。直視できずうつむきながら見送りをする人や出撃後、声をあげてむせび泣い た人もいたという...
www.gekiyaku.com