ジョンソン交渉期限は米Wミーティングまで 方向性見えなければスアレスら調査へ/デイリースポーツ online
 阪神の谷本修球団本部長(55)は7日、残留を要請しているピアース・ジョンソン投手(28)との交渉期限を、米サンディエゴで9~12日(日本時間10~13日)に行われるウインターミーティング終了時と設定していることを明かした。その時点で方向性が定まらなければ、残留交渉を諦めてジョンソンに代わる新助っ人獲得へ移行する方針だ。 ジョンソンに残留してもらいたい気持ちは強い。だが、来季の編成を進める上でリミットはある。谷本球団本部長が球団としての方針を明かした。
www.daily.co.jp